ホリデイ・トレッキング・クラブ
タイヤについて、タイヤの知識入門

タイヤサイズの見方

タイヤサイズの見方

1.   フロントドアの内側をチェック運転席側ドアを開けた内側の部分に、ステッカーでタイヤサイズとタイヤ空気圧が表示されています。(クルマによってはないタイプもあります。)
2.   タイヤそのものをチェックフロントドアに表示されていない場合には、タイヤそのものをチェックします。タイヤ側面には、メーカー名や商品名とともに数値や記号が表示されています。その1つにタイヤサイズがあります。

 
空気圧点検

空気圧点検

適正な空気圧にして安全走行を!
タイヤに入っている空気は、少なすぎても多すぎても、タイヤにダメージを与えてしまいます。空気圧が不足しているとタイヤが熱を持ちすぎてしまいますし、剥離やコード切れの原因にもなります。また、空気圧過多の場合には、衝撃傷や切り傷を受けやすくなってしまいます。

タイヤの空気圧は自然に漏れて低下するので、月に1度は必ずエアゲージで点検しましょう。

 

タイヤの寿命を長持ちさせる

タイヤの寿命を長持ちさせる

タイヤは同じ位置に装着したまま長期間走行すると、クセのある摩耗(偏摩耗)を起こしやすくなります。その偏った摩耗は振動や騒音の原因になるため、定期的にタイヤの位置交換(ローテーション)を行なうことが大事になります。摩耗のクセを均一化するとタイヤの寿命もアップすることができるので、必ず行なってください。

※タイヤの位置交換(ローテーション)は、クルマや装着タイヤによって異なりますが、タイヤパークではお車に合ったローテーションを致しますのでご安心してお任せください。